中国切手の価値編

中国切手の価値編

【1000文字】

ライティングで稼ぐ方法として、平成30年4月の頭にクラウドソーシングのサグーワークスを通じて、編集者さんに記事を見ていただく機会がありました。

クライアントは、某切手の買取業者さん、HPで使われる記事で、文字数は1,000文字ほどです。読んだ流れで買取依頼を促すセールスライティング案件でした。

調べ物と構成と執筆で作業時間が1時間オーバーとまだまだですが、編集者さんに自分の癖や持ち味を見抜いて頂いて初めて、「伝えること」の大切さを改めることができました。

フレームワークを見直し、文調やリズムを整えてみたのですが、文字数に決まりがあって、見出しをどう分けるかで悩みました。

また、この文字数なら必要な素材を集める作業時間、構成にかける時間、執筆作業にかける時間をどのようにコンパクトにするのか感覚で覚えておくべきでした。

今回は、修正後のまとめとしてご紹介します。

眠っている切手は宝の持ち腐れ?

例えば大掃除で見つかった古い中国の切手。
そのまま放置では掃除や整理がうまくいきませんよね?

他にも引越しや遺産整理など、でてくる機会は多いのかもしれませんし、
海外の切手の場合、日本の切手と同じように使うという訳にも行かないみたいです。

だからと言ってゴミ箱に行く前に、資産的価値のある切手についてちょっとだけ、ご紹介させて頂きます。

シンプル

そもそも古銭や紙幣、骨董品と同様に、切手にも世界中に収集家が存在しています。

中でも、数が少なかったり歴史的価値のあるものは、数十万円で取引されることもあり、
資産の一部として取り扱われていることも珍しくありません。

価値のあるものだとわかれば、コレクションしておくのも一つの楽しみですが、

もし、仮にご興味が無いのであれば、この際、思い切って必要とされている方に売却されるというのも得策ですよね。

次に、ここでは北九州市での現金化方法のすすめと、高価買取りが期待できる切手をご紹介します。お手元の切手をご確認くださいね。

北九州市で選ぶなら!切手現金化の注意点

今、北九州市内では、金券ショップを含めて約20件強の買取業者が確認できています。

切手は配達料金の前納を証明する証紙なので、金券ショップでも取り扱いがあり、何も知らないとただ金券ショップに売ることもあるかと思います。

消して金券ショップで売るのが悪いとは言いませんが、専門知識のあるところで、適正価格で買取ってもらう。これがその切手に関わってきた人の幸せにもつながるのではないでしょうか?

売却先は、専門知識があって、高価買取の実績がある所を選ばれることをおすすめします。

その他、安心できる買取り条件をまとめました。

  1. 査定や相談が無料である
  2. 無料出張、依頼からすぐ駆け付けてくれる
  3. 納得のいく価格では無かった場合にも、無料でキャンセルができる

注目の人気プレミア切手!

数ある中国切手の中で、今尚人気のシリーズの一つが「特57黄山シリーズ」です。
その歴史について、ここでは簡単なご紹介になりますが、
まず、この切手が発行されたのは1963年、文化大革命が起きる数年前のことで、
文化大革命といえば、かの毛沢東(元中国共産党中央委員会主席)らによる
あの歴史的クーデターを経て、現在に残る価値のある切手です。

デザインには美しい風景画が描かれ、その絵柄は全部で16種類あります。
やはりシリーズ物ですので、単体より全てそろった状態の方が高評価であり、
この記事を書いた時点での価値が、全16種で45,000円程、買い取り価格の場合、
その6~7割の3万円前後とされております。

状態次第ではもちろん北九州市でも、高額買取が期待でき、例えば、仮に使用済みや経年によるシミ・汚れのある場合でも、査定のご依頼をされる方がいいですね。

当然、この他にも日本の古い切手や、記念切手の中にも高額で買い取れる品物がありますので、もし古切手や海外の切手が見つかった際は、捨てる前に必ず買取のご相談またはご査定をなされることを強くおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です